第4回日本高校柔道選抜チーム韓国派遣 報告

 

                       団長 鎌塚智樹(関東地区常任委員)

 

 標記派遣は、(公財)全日本柔道連盟の支援のもとに、下記の通り実施することができ

   ました。

   今回は、男子は韓国で最も強い普成高校、女子は韓国体育大学で練習させていただき、  

   韓国の柔道文化に触れながら、充実した練習ができました。

   特に普成高校は、2017世界ジュニア柔道選手権大会100kg超級2位の選手を擁してお

   り、日本の重量級選手にはたいへんいい刺激となりました。

   また今回の派遣では、特に朴大盛氏(釜山柔道協会)にたいへんお世話になり、柔道だけ

   でなく、滞在中のすべてにわたってサポートしていただきました。

   さらに最終日には、平和学習として鰲頭山統一展望台に連れて行っていただき、間近に

   見える北朝鮮の街並みを眺めながら、朝鮮半島分断の歴史を学びました。

 

   滞在中のプログラムを全て計画して下さった朴氏に、あらためて感謝を申し上げます。

 

 

1 期   間  平成29年10月31日(火)~ 11月3日(金)4日間

 

2 派 遣 先  大韓民国・ソウル

 

3 日程概要   10/31() 羽田空港  7:30 集合・結団式・搭乗手続き

                              羽田空港 出発(9:45発 大韓航空 KE2712便)

                                          金浦空港 12:15 到着

              合同練習(男子:普成高校 女子:韓国体育大学)

                     11/ 1()  合同練習(男子:普成高校 女子:韓国体育大学)

         11/ 2() 合同練習(男子:普成高校 女子:韓国体育大学)

         11/ 3() ソウル市内見学・平和学習(鰲頭山統一展望台)

               金浦空港 出発(16:20発 大韓航空 KE2709便)

                                         羽田空港 18:35 到着・解団式・解散

 

4 派遣者名   団  長 鎌塚 智樹(全国常任委員:埼 玉 県・川越)

            男子監督 斉藤 直市(全国委員:群 馬 県・渋川青翠)

                  女子監督 高野 大作(全国委員:千 葉 県・千葉東)

         コ ー チ  小池 雅彦(全国事務局:埼 玉 県・春日部工業)

 

                  男子選手 鈴木 康鷹(60kg級    :山 梨 県・東海大学付属甲府)

                           關  龍聖(66kg級     :千 葉 県・習志野)

                     〃   旭  征哉(73kg級     :茨 城 県・つくば秀英)

                     〃   武井 秀徳(81kg級    :栃 木 県・文星芸術大学附属)

                     〃   影井 光我(90kg級     :群 馬 県・常磐)

                     〃   関根 聖隆(100kg級    :神奈川県・桐蔭学園)

                     〃   岩田 歩夢(100kg超級   :埼 玉 県・埼玉栄)

 

                  女子選手 東川 芽生(48kg級    :千 葉 県・八千代)

                     〃   三浦 百香(52kg級   :神奈川県・三浦学苑)

                     〃   坂本 知世(57kg級   :栃 木 県・宇都宮短期大学附属)

                     〃   茅根 海聖(63kg級   :茨 城 県・鹿島学園)

                     〃   瀬戸亜香音(70kg級   :山 梨 県・富士学苑)

                     〃   都  結乃(78kg級   :埼 玉 県・埼玉栄)

                     〃   下山 幸菜(78kg超級  :群 馬 県・常磐)

第1回 日本高校柔道選抜チーム 韓国派遣報告

              全国高体連柔道専門部常任委員団長 高橋利治

 高体連としては初めてとなる今回の韓国派遣は、以前に行われていたオーストラリア遠征で派遣されていない地区に行っていただこうということで、北海道・東北地区から選手団を選抜した。

今までに行われてきた高体連の海外遠征派遣者の中には帰国後に飛躍的に成長し、世界選手権や各種の国際大会で活躍した選手も多い。今回の選手の中からも、同様に飛躍する選手が出てくることを願っている。 

 結びに、本派遣の機会を与えてくださった(公財)全日本柔道連盟、(公財)全国高体連柔道専門部、ならびに日本チーム受け入れに関してなみなみならぬお力添えをいただいた大韓柔道会・文元培先生と在日大韓柔道会・文吉洋先生にあらためて感謝を申し上げ、報告とする。

1 期 間 平成26年(2014年)12月1日(月)~3日(水)

2 派遣先 大韓民国 済州島

3 派遣者 団  長 高橋利治(全国常任委員:山形県・長井)

男子監督 小野幸司(全国常任委員:北海道・音更)

女子監督 山田公一(全国委員  :秋田県・能代西)

  小池雅彦(全国事務局 :埼玉県・春日部工業)

4 概要

11/29()

19:00ラディソンホテル成田 集合・前泊

11/30()

9:45成田空港出発(大韓航空718便)

12:05済州国際空港到着

15:00調整練習(南寧高等学校4階柔道場)

18:00計量

19:30夕食

22:00就寝

12/1()

10:00試合開始(試合場6面)

11:00開会式

11:20試合再開

17:30試合終了

1737表彰式〜1810

18:30大韓柔道会主催の夕食会(役員・選手全員招待)

22:00就寝

12/2()

10:00試合開始

15:24試合終了

16:00表彰式〜1630

19:00夕食

22:00就寝

12/3()

10:00試合開始

男子17チーム、女子9チーム参加

男子4-04-14-24-2で優勝

女子5-03-03-1で優勝

16:00試合終了

16:20表彰式

19:00夕食

22:00就寝

12/4()

10:45大会見学(大学生男子団体試合)〜昼食

12:00出発〜世界遺産・城山日出峰へ

13:00到着(入山料@1,600ウオン×18=28,800ウオン)

14:30出発〜15:50済州国際空港

16:10搭乗手続き〜夕食

18:10済州国際空港出発(大韓航空717便)

20:20成田空港到着~ラディソンホテル成田へ移動・後泊

12/5()

朝食後解散。それぞれ北海道・東北各地へ

 

5 大会結果

■男子個人試合

高橋 拓也(60kg級  :秋田県・秋田商業)    32強 (65名参加)

五十嵐大海(66kg級  :北海道・東海大学第四)16強 (70名参加)

渡辺 大地(73kg級  :北海道・旭川龍谷)     位 (63名参加)

奥田 駿祐(81kg級  :北海道・恵庭南)   初戦敗退(52名参加)

佐藤 力斗(90kg級  :山形県・山形工業)  16強 (41名参加)

後藤 昌毅(100kg級 :山形県・山形工業)     勝 (23名参加)

清水 拓実(100kg超級:秋田県・秋田工業)  2  位 (23名参加)

 

■女子個人試合

橘   叶(48kg級  :北海道・東海大学第四)3  位 (12名参加)

奈良  和(52kg級  :秋田県・秋田北)       強 (17名参加)

中島 璃久(57kg級  :北海道・旭川大学)     強 (17名参加)

高橋 仁美(63kg級  :秋田県・本荘)         勝 (14名参加)

石井 優里(70kg級  :北海道・苫小牧工業)   勝 (15名参加)

鹿俣  文(78kg級  :山形県・山形中央)     勝 (10名参加)

中鉢 千尋(78kg超級 :山形県・羽黒)         位 (  4名参加)

 

■男子団体試合 優勝(17チーム参加 スコア 4-0 4-1 4-2 4-2)

■女子団体試合 優勝( 9チーム参加 スコア 5-0 3-0 3-1)